にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2010年08月13日

新稲荷峠と越戸越

7月末をもって製造課長を降りることができた。8月から部下なし、管理なしの専任職だ。有給休暇も自由にとれ、出退勤も自由、まったく給料は変わらず、こりゃあ天国だ!

盆休み、腰の調子も良くないので、のんびりと舗装路の峠でも越えようと、四輪で会津へ。山都の外れ上林に四輪を停め、R459と県道383号 新稲荷峠を周回した。上林から宮古に向けR459を登る。蕎麦屋だらけの宮古の集落を抜け、しばらく登って市町境を過ぎるとピークに到着。
10081301_R459市町境.JPG


飯沢へ直接下る道が分岐しているが、そのまま急カーブのR459を一気に下って飯里へ。
10081302飯里への下り.JPG


飯里から県道383号に入り、新稲荷峠を目指し、のんびりと登る。
10081303県道383号を登る.JPG


弥平四郎への道を分岐すると、急坂の屈曲が4kmほど続く。わずかに霧雨が降ったが、すぐに上がってしまった。市町境を過ぎると、すぐにピーク。ここが新稲荷峠らしい。ピークから続く山径は、特に何もなく、稜線を登っているようだった。
10081304新稲荷峠.JPG


藤巻の集落を過ぎ一ノ木方面へ下っていると、左側に広い舗装路が現れて、並走する。川入から飯豊トンネルを山形県へ抜ける広域基幹林道のようだ。まだ不通のようだが、全線開通すれば、谷地峠や大峠との周回もできそうだ。
10081305広域基幹林道と並走.JPG


一ノ木集落を過ぎ、途中から県道を外れて、早稲沢経由で越戸越を目指す。峠への登りはちょっと きつ目の舗装路。1kmほど登ったY字路で八重久原越への道を分岐し、右へ。
さらに1.5kmほど登って、舗装が切れると峠に到着。峠には、小さな石塔がいくつかあるのだが、夏草に埋もれていた。右に分岐しているのは、早稲谷への旧道(未舗装車道が早稲谷まで急勾配で下っている)。
10081306越戸越.JPG


R459への下りは、砂利道が続く。途中の分岐は左(東)側の急勾配の道を下ると、舟引の集落へ出た(右の道を選んでも、同じところに出てくるようだ)。上林で四輪を回収して、今日のツーリングを終了した。
10081307舟引でR459に合流.JPG


上林9:45→宮古トンネル入り口10:10→市町境10:30→飯里10:45→極入11:00〜15→弥平四郎分岐11:30→新稲荷峠12:00〜10→早稲谷へ12:55→越戸越入口13:05→越戸越13:30→舟引13:50→上林13:55
走行距離55.2km
相棒;縦断号(650×35A)


posted by たおたわ at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 会津の峠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック