にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2011年05月26日

鶏峠と諏訪峠

昨日&一昨日と、平日の朝に楽しくサイクリング。3日目の今日は午前中の半日有給休暇をとったので、四輪で長沼まで行って、鶏峠と諏訪峠を周回してみた。
諏訪峠は、長沼(須賀川市)と湖南(郡山市)との境にある 県道67号の峠で、途中から分岐して笠ヶ森の南側を越えるのが鶏峠。鶏峠はヤブ径だが、昨年も越えているので迷うことはないだろう。

11052601綱取不動尊.JPG
県道27号から67号へ入って、約2km登ると綱取り不動尊がある。ここに四輪を停めてスタート。

11052602笠ヶ森登山道出口.JPG
県道を諏訪峠方面に約2km登ると「笠ヶ森登山道出口」。昨年は、ここから鶏峠へ登った。

11052603笠ヶ森登山道入口.JPG
県道をさらに1km弱登ると「笠ヶ森登山道入口」。今回はここから鶏峠を目指す。

11052604幅広の峠径.JPG
細い峠径は、沢を渡って古い墓地の脇を抜ける。自転車をしばらく押して進むと、幅広になる。

11052605けっこう乗れる.JPG
さらに登ると、道幅は細くなるが傾斜が緩くなる。路面の状態も良く、かなり乗れた。

11052606登山道の合流地点.JPG
「笠ヶ森登山道出口」からの径と合流。(入口・出口とあるが、順路や方向は決まっていないようだ)

11052607にわとり峠.JPG
登山口から わずか35分で鶏峠に到着。今回のルートのほうが、楽で早い!!

11052608鶏峠の鞍部.JPG
峠付近を探索。100mくらい南に、笹に埋もれた鞍部発見。幅広の径が笹に埋もれている。

11052609標高点699m.JPG
699mの標高点も発見!本当の鷄峠だ。3度目にして、ようやく本当の鷄峠を越えることができた。

11052610鶏峠_笹の下り.JPG
笹ヤブの径を押し下る。つづら2往復で峠直下の谷へ。その後も何度かつづらが続く。

11052611笹ヤブの薄い付近.JPG
ヤブに埋もれた鷄峠だが、径幅は広い箇所が多い。ヤブの少ない箇所もあるが、短くて乗れない。

11052612植林帯に入る.JPG
しばらく下って植林帯に入る。この辺りで林道までの半分くらい。径が狭くなる。

11052613林道に出た.JPG
峠から20分で林道に出た。林道終点の少し手前だが、こちらから登ると取り付きが判らないだろう。

11052614笠ヶ森をバックに.JPG
林道を下って、上屋敷の集落が近づくと舗装になる。径を辿ってきた方向を振り返る。

11052615峠の地蔵さん.JPG
中地で県道6号に出ると、諏訪峠入口まで0.5km。いつもお参りする諏訪峠入口のお地蔵さん。

11052616もうすぐ諏訪峠.JPG
道幅1車線の諏訪峠は、静かなルート。笠ヶ森のてっぺんには反射板(?)がある。

11052617諏訪峠.JPG
中地から35分で諏訪峠に到着。舗装路の下りも広葉樹が多く、新緑が美しい。

11052618橋の跡?.JPG
途中、旧道の跡がチラチラと見え隠れする。橋の跡だろう、以前から気になっている石積みの遺構。

11052619わずかに残る旧道跡.JPG
少しヤブ径に入ると、やはり旧道のようだ。今回は探索せず撤退。1時間半もすれば会社で仕事だ。

走行距離24.7km
相棒;MTB2号(26×1.9)
綱取り不動尊8:30→登山道入口8:50〜55→登山道合流9:25→鶏峠9:30〜45→林道に出る10:05〜10→中地10:30〜35→諏訪峠11:10〜15→綱取り不動尊11:30


posted by たおたわ at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 会津の峠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック