にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2013年01月05日

矢筈峠

布施ヶ坂を走り終えて、まだ10時過ぎ。四輪でR439の矢筈トンネルへ移動し、旧道の矢筈峠へ。
矢筈峠は、ルートが分らず以前敗退している。仁淀川側のトンネル脇から登って、周辺を探索。
13010512.JPG


トンネル脇の小さな谷を登り、鋭角に折れて細い踏跡をほぼ真北へ戻る。かなり迷ったが、
向かって左斜面(トンネル口の西方向)を登ると、しっかりした踏跡を見つけた。これを辿る。
13010513.JPG


ヤブっぽい箇所が多いが、広い径型が残っている部分もある。ところどころに、黄色い杭や青い杭
が打ってある。
13010514.JPG


しばらく登ると旧道らしい雰囲気になり、斜面を矢筈峠方向へ登っていく。
13010515.JPG


トンネル脇から約30分で稜線の鞍部に到着。ほぼ矢筈峠だろうが、峠を示す痕跡は何もない。
稜線上の踏跡と交差して、南へ径が下っている。
13010516.JPG


峠から南へ下ると、径は鋭角に折れる。その先はイバラのヤブ。約200mの通過に10分を要した。
13010517.JPG


径は、植林帯の中を西へ下っていく。ガレていたり、倒木があったりでほとんど乗れなかった。
13010518.JPG


最後は、大崩壊した沢に沿って下り、林道足谷線に出た。林道も崩壊がひどく、しばらく押した。
R439へは矢筈トンネルの津野側口で合流。トンネルをくぐって周回完了。
13010519.JPG


その日のうちに四輪で徳島まで移動し、郡山への帰宅は翌日となった。

相棒;MTB1号(26×1.9)  走行距離3.8km
矢筈トンネル東口11:20→右斜面に取り付く11:25→矢筈峠11:55〜12:05→林道足谷線に出た12:30〜35→R439に出た12:40→矢筈トンネル東口12:45
posted by たおたわ at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

布施ヶ坂

布施ヶ坂はR197布施ヶ坂トンネルの旧道で、現国道とは別に、旧国道、龍馬脱藩の道として整備
された旧道がある。2005年に辿った時と同じく、西側から旧道を下り旧国道を登り返すことにした。R197布施ヶ坂トンネル西側の将監神社脇に四輪を停め、神社横の舗装路を登る。
13010501.JPG


小ピークを越え、下り途中で分岐する未舗装路へ。途中から自転車を押し、旧道のピークに到着。
13010502.JPG


下りは径が細くあまり乗れないが、すぐに旧国道に合流する(写真の右上鞍部が旧道のピーク)。
13010503.JPG


旧国道を少し下って、左側へ分岐する旧道へ入る(龍馬脱藩の道の看板がある)。
13010504.JPG


旧道はつづらの旧国道を串刺しにするように、茶畑の中を下っている。
13010505.JPG


旧国道を左に分け、谷沿いに下る。一部、未舗装車道に合流するが、良い径が続いている。
13010506.JPG


みかん畑のモノレールを越える以外は、おおよそ乗車して降れた。すぐ下には集落が見える。
13010507.JPG


急斜面の集落内を下るあたりは、何カ所かコンクリートの階段部分もあった。

13010508.JPG

村境橋と書かれた古い小さな橋を渡ると舗装路に合流し、竹ヶ谷バス停で旧国道に合流した。
13010509.JPG


竹ヶ谷バス停からは旧国道をのんびりと登り返す。旧国道は県道377号になっているようだ。
13010510.JPG


40分足らずで旧国道のピークに到着。旧国道ピークは、旧道ピークよりも少し北にあり、展望台に
なっているようだ。ピークから西に下ると、R197をはさんで将監神社の対面に戻ってきた。
13010511.JPG


相棒;MTB1号(26×1.9)  走行距離9.54km
将監神社8:25→布施ヶ坂8:38〜42→村境橋9:15〜25→竹ヶ谷バス停10:28→旧国道ピーク10:05〜10→将監神社10:13
posted by たおたわ at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月04日

神在居、野越峠

地芳峠越えが、予想より早かったので、梼原町の雲の上温泉に四輪を停め、神在居,野越峠を
越えることにした。出発が15時前なので、雲の上温泉から直接R197旧国道へ取り付く。
13010420.JPG


途中、土砂崩れが1箇所あったが、10分で神在居に到着(昔は、ここに郵便ポストがあった)。
13010421.JPG


神在居からR197方面へ旧道が下っている。龍馬脱藩の道として整備され、至って快適。
13010422.JPG


R197へ合流する少し手前から、R197より南側それて、地形図の破線路のルートを辿る。
13010423.JPG


旧道は途中から舗装路になってR197と交差し、10分足らずで野越峠に到着。2年ぶり。
13010424.JPG


今回は当別峠まで足をのばさず、野越峠から旧国道を下って、R197を雲の上温泉へ引き返した。
13010425.JPG

(梼原→神在居→野越峠→当別峠の記録は、2011/01/04を参照)

相棒;MTB1号(26×1.9)  走行距離7.2km
雲の上温泉14:55→神在居15:05〜10→野越峠15:38→R197に出る15:45→雲の上温泉15:50
posted by たおたわ at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地芳峠旧道

2005年5月に梼原側から旧国道を登り、愛媛側の作業道まで地芳峠旧道を往復した。今回は、
開通した地芳トンネルと旧道を周回しよう。地芳トンネル梼原側に四輪を駐車し、10:30出発。
13010401.JPG


地芳トンネルを愛媛側に出ると、すぐ右側を旧道へ続く林道が登っている。
13010402.JPG


5分ほど登ると分岐があり、谷の奥へ延びる作業道セト谷線へ入る。100mほど進むと「地芳
登山道」の標識があるが、見落として作業道を登ってしまった。途中で引き返し、登山道へ。
13010403.JPG


地芳登山道と記されているが、これが地芳峠旧道。石積みの径が残っている部分もあるが、
杉の伐採で倒木が多く、径は荒れた箇所が多かった。
13010404.JPG


旧道を10分ほど進むと渡渉。さらに少し進むと、径は右斜面をつづらで登り始める。
13010405.JPG


斜面のつづらは急坂で、踏み跡も薄く倒木もあった。4〜5往復で林道に出るまで押上げ。
13010406.JPG


林道を左へ下ると、小屋の前で行止まり(この小屋の裏に旧道を発見し、再び押上げ)。
13010407.JPG


5分の押上げで作業道セトムカイ線に出た。以前は、地形図にある1005m標高点横から緩く
登る破線路を辿ったが、今回は、作業道分岐から斜面を登っていく径へ入ってみた。
13010408.JPG


地形図の破線路へ合流するまで、イバラの多い急坂の踏み跡を10分ほど押上げた。
13010409.JPG


地形図の破線路は、手入れされたようで、以前のようなヤブはなく、幅広の作業道と言った感じ。
13010410.JPG


しばらく自転車を押していると、はるか上に天狗ラインのガードレールが見えてきた。
13010411.JPG


旧道を押上げ、旧国道の地芳峠より僅かに東側に出た。「地芳登山道」の標識があった。
13010412.JPG


久しぶりの地芳峠で記念写真。空気は冷たいが、快晴で気持ち良い。ここで小休止。
13010413.JPG


梼原側へ旧国道を約2.5kmほど下って、右斜面へ分岐する旧道へ。カーブミラーと電柱が目印。
13010414.JPG


旧道はブルドーザーで引っかいたように荒れていて、あまり乗れず 押したり引きずったりが続く。
13010415.JPG


旧国道と交差すると径幅が広くなるが、雪でブレーキが滑って制動不能。乗れずに押す。
13010416.JPG


少し下ると視界が開け、永野の集落が眼下に広がり、段々畑の間を旧道が続いている。
13010417.JPG


ブレーキの雪も融け、乗って下れるようになった。旧道は、部分的にコンクリート舗装になっている。
13010418.JPG


R440と交差し、永野の集会所の横を下ると、旧国道に合流した。トンネル脇まで四輪を回収に
戻って、周回を終了した。(途中、径を間違わなければ、2hくらいで越えられた?)
13010419.JPG


相棒;MTB1号(26×1.9)  走行距離13.98km
地芳トンネル梼原側10:30→トンネル愛媛側10:40→地芳登山道入口10:45〜11:20→渡渉11:30〜45→小屋の前12:00〜10→セトムカイ線に出る12:20〜25→破線路合流12:35→地芳峠12:50〜13:10→梼原側旧道へ13:20〜25→旧道終点(旧国道合流)13:45→地芳トンネル梼原側13:50
posted by たおたわ at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月02日

笹峠・八重地峠・竜峠周回

昨日に続き、旧上那賀町北部の峠を周回した。10年前に辿った時は、竜峠→信義峠→笹峠の
順で周回したが、今回は逆コース。四輪を東尾集落に停めて標高差を稼ぐ。8時前にスタート。
13010201.JPG


少し登ると分岐。東尾登山道から分かれ、笹峠への径は、写真の家と左隣の家の間を登っていく。
13010202.JPG


峠への径は、急で細いがはっきりしていた。杉林の中、自転車を押し上げる。
13010203.JPG


30分弱で笹峠に到着。東尾で飼っているらしい犬が吠えていたが、峠手前でようやく止んだ。
13010204.JPG


出羽への径を下る。以前より、はるかに荒れていて、たまに自転車を担ぐ箇所もあった。最後は2m
くらい崩れた崖を下りて作業道に出た。作業道は、枯れ草の繁る廃道になっていた。
13010205.JPG


出羽の集落から八重地トンネルへの道を登る。全舗装だったが、うっすら雪の積もった箇所もあった。
13010206.JPG


県道16号に合流し、10分で八重地トンネルに到着。トンネル右手を登り、旧道に入ってみた。
13010207.JPG


登り始めは崖っぷちの送電線巡視路を急登するが、途中で八重地峠への旧道に合流。
13010208.JPG


細かなつづらで急登が続くが、トンネル口から10分足らずで八重地峠に到着。風が強い。
13010209.JPG


八重地側は廃道らしいので、今回は来た道を引き返す。何となく径の雰囲気が西上州っぽい?
下りは5分足らず(廃道でも八重地側へ無理やり下ればよかったと、少し後悔)。
13010210.JPG


八重地トンネルをくぐり、凍結した県道16号を下る。20分で竜峠への林道に到着。
13010211.JPG


コンクリート路は、ほんの始めだけで、ずっと急勾配の未舗装路を押したり乗ったりが続く。
途中、2度ほど分岐を間違えてしまったが、ほぼ1時間半かけて竜峠の登山道入口に到着。
13010212.JPG


竜峠への登山道は、取付き部分が崩壊しているので、崖の斜面を押し上げる。
13010213.JPG


10分で竜峠に到着。ゆっくりしたいが、今日は梼原まで移動する予定なので、早々に下り始める。
13010214.JPG


東尾へ下りは以前より少し荒れ気味で、杉の枝が落ちている箇所が多く、ほとんど乗れなかった。
13010215.JPG


東尾集落が間近になると、路肩の石積みや廃屋もあった。峠から約30分で笹峠の径と合流し、
東尾に到着。四輪を回収後、R195で南国へ。高速の須崎経由で梼原の知合い宅へ移動した。
13010216.JPG


相棒;MTB1号(26×1.9)  走行距離26.8km
東尾7:45→笹峠8:08〜13→作業道に出る8:44→出羽9:08→ピーク9:42→県道16号に出る9:50→八重地トンネル10:00→八重地峠10:08〜12→八重地トンネル10:16→竜峠入口10:35〜40→登山道分岐12:15→竜峠12:25〜30→東尾13:05
posted by たおたわ at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月01日

コサデ峠

今日はもう一つ周回。四輪で旧木沢村の板州まで移動し、コサデ峠の旧道を辿ってみることにした。
板州から当山口(当山と大美谷ダムとの分岐)まで四輪で登って停車。ここから自転車で周回。
13010117.JPG


大美谷ダムまで、約20分の登り。ダムの少し西にある赤い吊り橋を渡る。湖岸に径が続いている。
13010118.JPG


湖岸の径を辿ると、すぐにコサデ峠への径が分岐する(分岐は不明瞭)。峠への径を押上げるが、
少しヤブっぽくて径も細い。四国電力の標柱があったので、四電が整備しているのかもしれない。
13010119.JPG


押上げ約15分で、お地蔵さんのあるコサデ峠に到着。峠を越える全舗装の林道と交差する。
13010120.JPG


ガードレールの切れ目から崖を下りて、旧道で当山口へ下ってることにした。
13010121.JPG


当山口側の旧道は、径は明瞭で良く判るが、ガレて大きな石ばかりで乗れない。河原のよう。
13010122.JPG


しばらく河原のような径を押して進み、小さな沢を2度渡ると、次は倒木の連続。大変な径だ。
13010123.JPG


倒木を乗り越えると、猪よけのネット沿いに径が続いている。ようやく乗れるようになると、0.2kmで
舗装路に出た。さらに下って舗装林道に合流し、当山集落を抜けて、登山口まで急降下。
13010124.JPG


相棒;MTB1号(26×1.9)  走行距離5.0km
当山口13:55→大美谷ダム14:15〜25→コサデ峠14:40〜45→舗装路に出る15:00→当山口15:10
posted by たおたわ at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

十二弟子峠

午前中に小屋峠を越えたが、時間もあるのでR193の十二弟子峠を旧隧道と周回した。R193の
十二弟子トンネル西口に四輪を駐車し、トンネル口から海川方向へ下る。
13010110.JPG


0.3km下ると、旧国道の分岐。旧国道の緩い舗装路を、旧隧道へ向けて登る。
13010111.JPG


10分足らずで旧隧道西口。隧道脇から、旧峠への径が続いている。自転車を押上げて登る。
13010112.JPG


峠までの径は、はっきりしていたが、小刻みなつづらで急登が続く。稜線がチラチラと見えていた。
13010113.JPG


旧隧道から、わずか10分の押上げで十二弟子峠に到着。ちょっと小休止。
13010114.JPG


峠から東側の下りも、同じような急坂。径はさらに細く、倒木もあった。乗れずに押して下った。
13010115.JPG


10分足らずで旧隧道東口の脇に降りてきた。旧隧道をくぐって、四輪を回収。45分で周回完了。
13010116.JPG

(本当なら、星越峠と続けて越えるべきだったかもしれない。ちょっと後悔。)

相棒;MTB1号(26×1.9)  走行距離3.4km
R193トンネル口12:20→旧隧道西口12:30→十二弟子峠12:40〜50→旧隧道東口13:00→R193トンネル口13:05
posted by たおたわ at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小屋峠

旧上那賀町の栗坂と菖蒲という集落の間にある 小屋峠(こやんとう)を、10年ぶりに再訪した。
R195沿いの長安口ダム資料館に四輪を停め、ダム湖沿いの国道を走る。約5kmで拝宮口に到着。
13010101.JPG


国道を離れ、栗坂まで標高差300mを4.5kmで登る。急坂が続くので、のんびり登る。
13010102.JPG


途中、拝宮の白人神社にある農村舞台によってみた。ずいぶん山の中なのに、素晴らしい。
13010103.JPG


拝宮口から1hr弱で小屋峠の入口に到着。ここからは自転車を押して歩く。
13010104.JPG


通学路として使われた小屋峠の径は、今もきれいな径が残っている(峠の直前に小さな崩落あり)。
13010105.JPG


押上げ20分で小屋峠に到着。ちょうど家族から携帯に連絡。こんな山中でも通話できるのか・・・。
(今、小屋峠が通学に使われていたら、小学生が携帯で話しながら、ここを越えるか?などと想像)
13010106.JPG


小屋峠から北の東尾に通じる径が、きれいに残っていたので、菖蒲へ下らずに東尾への径を辿る。
しかし乗れたのは最初だけで、ガレて落石が多く、径も細いので、8割以上は押して進んだ。
13010107.JPG


東尾集落が見えるようになった辺りで、土砂崩れ。そこから先は、さらに径が細く、ヤブっぽくなった。
潰れたお寺跡に突き当たると、径は右斜面へ急降下、すぐに東尾の車道に出た。
13010108.JPG


東尾集落で小休止した後、車道を急降下して、長安口ダム資料館に戻った。
13010109.JPG


相棒;MTB1号(26×1.9)  走行距離17.6km
長安口ダム資料館8:00→拝宮口8:20→白人神社8:50〜9:00→小屋峠入口9:15→小屋峠9:35〜40→東尾10:35〜40→長安口ダム資料館11:05
posted by たおたわ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月31日

星越峠・山座峠・苫越

徳島県の美波町東部の峠をいくつか周回した(10年ほど前にも同じようなルートで走っている)。
徳島市からR55を南下し、阿南市の福井ダム辺りに四輪を駐車して、9時過ぎに出発。
12123101.JPG


日和佐方面へ約1.5km走り、津峯神社方面へ右折。すぐに舗装が切れ、星越峠への道を登る。
12123102.JPG


10分ほど登ると、切通しの星越峠へ到着。峠の西側も同じような未舗装路だが、急坂だった。
12123103.JPG


大戸の新田神社を過ぎ、由岐峠を超えるため、谷沿いを西へ入る。約1km走って最後の民家を
過ぎると舗装が切れた。この民家の犬に追いかけられる。(10年前にも、ここで吠えられた)
12123104.JPG


イノシシ避けのネットをくぐり、由岐峠の径を探す。1hr以上ヤブを漕いで探したが見つからない。
10年前には越えられたのに、今回は敗退。仕方なく引き返すことにした。
12123105.JPG


R55を日和佐方面へ走り、県道289号へ左折。ピークの日尻峠を越えると、太平洋が望める。
12123106.JPG


日尻峠から木岐へ下り、県道25号の山座峠へ。県道を離れ、海岸沿いから旧道を押上げる。
12123107.JPG


へんろ道でもある山座峠旧道は、充分整備されている。潮の香りのする旧道。
12123108.JPG


15分ほど押上げると、県道に合流。1kmほど登ると山座峠に到着。ここで食事休憩。
12123109.JPG


峠から遊歩道で、田井側の旧道が下っている。最初は階段だが、その後はおおよそ乗れた。
12123110.JPG


田井から小田坂峠を越えようと、林道へ。小田坂峠は田井から北河内駅の対岸付近に越える峠。
12123111.JPG


峠径を押上げると、シダのヤブ漕ぎになってしまう。この後も2m位の深さのシダヤブと格闘したが、
およそ30分で敗退。引き返すことにした。10年前には楽に越えて、下りも半ば乗れたのだが・・・。
12123112.JPG


山座峠を、日和佐側から木岐へ越え返す。今度は、車道を登って車道で下る。
12123113.JPG


木岐と由岐との間にある木岐トンネルの旧県道は、海岸側に並行した切通しの苫越。
12123114.JPG


由岐側に少し下ると「土佐街道苫越登り口」の道標があった。旧道があるようなので入ってみる。
12123115.JPG


少しヤブっぽいが、径は比較的はっきりしていた。急坂だが、自転車を押し上げる。
12123116.JPG


高い峠ではないので、10分くらいでピークに到着。ピークは、稜線を越えているようだが、不明瞭。
12123117.JPG


ヤブっぽい部分もあったが、木岐側へも径も下ってみた。写真よりも少し進むと強硬な竹ヤブ。
12123118.JPG


旧道を辿るのをあきらめて斜面を担ぎ下すと、木岐トンネルの少し手前に降りてきた。
12123119.JPG


その後、由岐から由岐坂峠へ。地形図の破線路の旧道らしい径を探すが、よく判らなかったので、
県道を素直に越えて四輪を回収した。撤退の多い一日だった。
12123120.JPG


相棒;MTB1号(26×1.9)  走行距離51.5km
デポ地9:05→星越峠9:25〜35→新田神社9:45→ヤブ漕ぎ・撤退→新田神社11:18→日尻峠11:55→木岐12:05→山座峠12:35〜50→小田坂峠の探索→山座峠14:35→苫越14:55→旧道苫越15:10→苫越15:25→由岐坂峠探索→由岐坂峠16:20→デポ地16:40
posted by たおたわ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

四万川あたり

大地震・津波・原発事故と、暗い話題の続く福島県だが、気分転換もかねて九州へ帰省。その途中、高知の友人宅へ押しかけた。
友人宅は、高知のチベットと呼ばれる(らしい)梼原町の奥まった四万川というところにあるお寺。友人は住職さんだ。
昔乗っていたというロードレーサーを借りて、早朝ポタリング。さすが高知のチベット、4月間近だというのに、冷気で手も耳も痛かった。(写真は四万川から望む天狗高原)
110328四万川から天狗高原.JPG


走行距離6km
相棒;住職のロードレーサー (700×28C?)
お寺6:30→四万川小学校→お寺7:00
posted by たおたわ at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。