にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2014年11月08日

中国つなぎ旅・その10(三門峡→華县)

14110801.JPG
つなぎ旅も河南省を出て、山西省・陕西省へ。前回と同じく、G7590で徐州東駅、タクシーで
徐州駅へ移動し、23:36発の夜行K557で三門峡へ。7:25三门峡駅に到着。すごく寒い。

14110802.JPG
三門峡市街を抜け、国道209に入る。前回も渡った三門峡黄河公路大橋で黄河を渡る。

14110803.JPG
黄河を渡ると、黄河に沿った省道337へ入る。埃っぽくて、乾いた風景が続いている。

14110804.JPG
西湾という辺りから、黄河の直近を通る譚圣線という郷道に入る。本当に黄河が近い。

14110805.JPG
譚圣線は次第に黄河から離れ、行止まり、かと思ったら、北側斜面をぐいぐい登り始めた。
地図にもない道の急勾配を登ると、常楽鎮の少し南側で省道337へ出た。

14110806.JPG
省道337へ出て数km走ると、今度は遥か崖の下まで急降下。黄河が形成した河岸段丘で
登ったり下ったり。

14110807.JPG
芮城县が近くなると、省道337は単調な直線路になる。今日は追風なので、30km/hr超で快走。

14110808.JPG
芮城からは再び省道を離れ、省道の南側を並行する郷道へ。途中、永楽鎮のあたりで、再び
河岸段丘の急降下。その後、再び黄河の近くを走る。

14110809.JPG
郷道は次第に細くなってきたが、13時半、ようやく黄河の橋が見えてきた。

14110810.JPG
14110811.JPG
三門峡から100km遡った風陵渡黄河大橋で黄河対岸へ。山西省からいよいよ陕西省へ入る。

14110812.JPG
黄河と西潼高速に挟まれた舗装路を西へ。途中、黄河の風景が素晴らしい(泥泥していて)。

14110813.JPG
15:10华山北駅前で休憩。すぐ近くの観光老街へも寄ったが、あまり面白くなかった。

14110814.JPG
华山北駅を後にさらに西へ。X319という単調な郷道を走る。17:00ようやく华县に到着。寒い!

相棒;BSユーラシア(700×25C)  走行距離180.4km    中国積算走行距離8147.4km
三门峡駅7:50/0.0km→三門峡黄河公路大橋8:20/9.0km→譚圣線へ8:45/15.8km→北斜面へ9:35/32.3km→芮城县11:45/74.6km→風陵渡黄河大橋13:35〜50/118km→华山北駅15:10〜30→省道202交差16:05/158.2km→华县(宿泊先)17:00/180.4km
posted by たおたわ at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国つなぎ旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月04日

早朝ポタリング

14110401.JPG
久しぶりに、阳澄湖駅方面へ早朝ポタリング。明るくなり始めるのは6時前、夜明けが遅くなった。
昆山駅前を通って、震川路を西へ。

14110402.JPG
緑地公園のサイクリングロードを通って、前进路へ出た。ここまで30分。今日はここで引き返す。

14110403.JPG
空気は良くないが、今日もよく晴れている。同じ道を引き返し、7時前に誉興大酒店へ到着。

相棒;BSユーラシア(700×25C)  走行距離20.8km    中国積算走行距離7967.0km
誉興大酒店5:55/0.0km→前进路へ出る6:25/10.6km→誉興大酒店6:55/20.8km
posted by たおたわ at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 通勤&近郊ポタリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月26日

三門峡

河南省の端っこの三門峡まで来ると、昆山に戻るのも半日がかり。お昼過ぎの高鉄まで時間が
あるので、朝から周辺を走ってみた。

14102601.JPG
5時半起きで、宿泊先を6:35にスタート。霧の濃い市街地を抜け、黄河沿いに三門峡ダムへ。

14102602.JPG
ゲートには7:30到着。誰もいないので、そのままダム公園の中へ入る。ダム入口に警備員がいて、
すぐ近くで入場票を購入。ダムへは自転車を持ち込めないので、入口に置いて施錠。

14102603.JPG
いよいよ三門峡ダムへ。まだ霧が濃いが、凄い迫力!

14102604.JPG
三門峡ダムは、黄河を堰き止めるように作られたダムで、向こう岸は山西省。ダムの真ん中辺りには
一歩跨両省というのがあった。(関門トンネル内の福岡・山口県峡みたい)

14102605.JPG
ダム上にある二号電梯(エレベーター)で、ダム下まで降りることができた。下から見てもすごい迫力!

14102606.JPG
再びダム上へ戻って向こう岸へ。山西省側から見る三門峡ダム。ダムから先へは進めないようで、
山西省側の警備員が、戻れと言っていたと思う。少し霧が晴れてきた。

14102607.JPG
河南省側へ戻り、ダム入場口ぎりぎりに自転車を置いて写真を取った。再び黄河沿いを戻る。

14102608.JPG
市街地から黄河沿いの森林公園へ。少しかすんでいるが、対岸が良く見える。良い天気。

14102609.JPG
国道209に入り、三門峡黄河公路大橋で黄河を渡ってみる。自転車は無料だった。

14102610.JPG
橋を渡り、山西省側の料金所。新幹線の発車まで時間もないので、山西省側は4kmほど走った
だけで引き返し、再び三門峡黄河公路大橋で黄河を渡る。

14102611.JPG
そのまま国道209を南下して、三門峡南駅へ。12:00発のG824で郑州へ。郑州でD284に乗換え、
21:49昆山南駅に到着。

相棒;BSユーラシア(700×25C)  走行距離55.3km    中国積算走行距離7946.2km
宿泊先(錦江之星)6:35/0.0km→ダムゲート7:25〜30/16.7km→三門峡ダム7:40〜8:25→黄河沿いの公園(休憩含む)9:35〜50/37.3km→三門峡黄河公路大橋10:10/40.5km→山西省(引き返す)10:30/44.7 km→三門峡黄河公路大橋10:50/48.7km→三门峡南駅11:10/55.3km
posted by たおたわ at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月25日

中国つなぎ旅・その9(洛阳→三门峡)

14102501.JPG
暑かったり、きっぷが取れなかったりで中断していたが、ようやく つなぎ旅再開。G7590で昆山南
から徐州東駅へ。さらにタクシーで徐州駅へ移動、23:24発の夜行K419に乗車。

14102502.JPG
夜行K419は6時前に洛阳へ到着。自転車を組み立て、ようやく明るくなる頃に出発。

14102503.JPG
駅から東の老街へ。老街を囲む深い堀に沿って のんびりと走る。

14102504.JPG
老街の東にある鼓楼や、麗景門(老街の西の門)にも立ち寄った。写真は麗景門。

14102505.JPG
龙门大道を通って洛阳市街を南下し、洛陽龙门駅に立ち寄る。ここで前回ルートとつながった。

14102506.JPG
古城路で洛河を渡り、景华路を走る。道沿いの並木はポプラだろうか?非常に美しい道だった。

14102507.JPG
三门峡へ続く国道310へ。登り気味の緩いアップダウンが続く。9:45新安县‎を通過する。
空は快晴で真っ青なのに、道路は埃で黒く霞んでいる。マスクを着ける。

14102508.JPG
义马市‎、渑池县‎など、埃っぽい街を通り抜ける。急なアップダウンが2〜3度あり、登りがきつくなる。
周辺は○○煤鉱の標識が多い。炭鉱のことのようで、石炭を積んだトラックの往来も多い。

14102509.JPG
目も喉も石炭の粉まみれで、今日最後のピークに到着。並行して鉄道もピークを越えている。
ここからは三门峡市街までずっと下り。

14102510.JPG
16時前に三门峡駅前に到着。ここで少し休憩。駅から、宿泊先の錦江之星へ。

14102511.JPG
部屋に入って鏡を見ると、顔は真っ黒、目の中も炭塵だらけ。マスクもこんなに真っ黒になっていた。

相棒;BSユーラシア(700×25C)  走行距離163.6km    中国積算走行距離7890.9km
洛阳駅6:30/0.0km→麗景門7:00〜30/11.8km→洛陽龙门駅8:15/24.1km→新安县9:45/63.9km→洪陽鎮11:00〜10/77.3km→観音堂汽車駅13:40/121.2km→最後のピーク14:50/137.8km→三门峡駅15:45〜55/158.5km→宿泊先(錦江之星)16:10/163.6km
posted by たおたわ at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国つなぎ旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月19日

陶桥から歇马桥

衡山から帰ってきたのが早く、快晴の青空がきれいだったので、午後から千灯南部を走ってみた。

14101901.JPG
誉興大酒店を14:20スタート。長江路、陽光路を経由して宏洋路を南下する。

14101902.JPG
ちょうど1hrで陶橋に到着。比較的最近造られた昔風の陶橋を、自転車を担いで渡る。

14101903.JPG
陶橋鎮から鹿場路を東へ辿る。雰囲気は良い道だったが、今日は東風が強く、ずっと逆風。

14101904.JPG
途中、たくさんの山羊を放し飼いしている家があり、子ヤギが二匹、道端で遊んでいた。

14101905.JPG
鹿場路が途中で途切れてしまったので、すぐ北を並行する名もない道に架かる橋を渡る。

14101906.JPG
16時前に歇马桥に到着。

14101907.JPG
歇马桥の細い路地を走る。ここも最近改修した古鎮のようで、観光客が少ないので好きだ。

14101908.JPG
歇马桥を後に、千淀路を北上して千灯古鎮に寄ってみた。もう少し遅いと、夕焼けの古鎮が綺麗
だったかもしれない。再び、長江路を北上して、誉興大酒店へ戻った。

相棒;BSユーラシア(700×25C)  走行距離59.0km    中国積算走行距離7727.3km
誉興大酒店14:20/0.0km→宏洋路へ15:00/15.1km→陶橋15:20/22.0km→歇马桥15:55〜16:10/29.6〜31.2km→千灯古鎮16:30〜45/41.5km→誉興大酒店17:25/59.0km
posted by たおたわ at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 通勤&近郊ポタリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月18日

衡山へ登りました

知り合いと、湖南省の衡山へ登ることにした。長沙まで飛行機で往復+衡山西まで高鉄往復、
という贅沢な旅。

14101801.JPG
早朝、タクシーと高速バスで上海虹橋空港へ。長沙まで飛行機、長沙駅から衡山西まで高鉄、
さらにバスで南岳衡山旅客中心へ。登山開始は12:00になってしまった。

14101802.JPG
旅客中心からダム湖畔を通って舗装車道を登って行く。途中、遥か彼方に衡山の峰が見える。

14101803.JPG
途中から、徒歩登山用の急な階段を登る。車道は、頂上と往復するバスが頻繁に行き交う。

14101804.JPG
衡山は泰山や嵩山とは異なり、頂上付近まで車道があるため、自転車で登る人もいるようだ。
知っていれば、自転車を持ってくるんだった・・・(道は10%超の急坂が続くようだ)。

14101805.JPG
南天門までは、急な石段が続く。予想よりも厳しい道で、旅客中心から南天門まで3時間半。

14101806.JPG
15:30ようやく南天門に到着。同行の知り合いは、最近太って登りがとても遅くなったとのこと。

14101807.JPG
南天門を過ぎると、遥か彼方に衡山の頂上が見える。あと1時間くらいかかるかな?

14101808.JPG
16:35ようやく頂上の祝融峰に到着した。空気が霞んで、眺めはあまり良くなかった。残念。

14101809.JPG
頂上付近でテントを張って、星や日の出を眺めるのが流行っているようだ。いくつもテント村があった。

14101810.JPG
索道やバスを使わず、登って来た道を下る。頂上から1hrで半山亭を通過。もう薄暗くなってきた。

14101811.JPG
結局、後半は照明もない真っ暗な車道をひたすら下る。19時過ぎに入場門に到着。旅客中心から
タクシーで衡山西へ。高鉄で長沙に戻って安宿に泊まる。翌日の朝、飛行機で上海虹橋へ戻った。

旅客中心12:00→入場門12:10→中烈祠13:05→半山亭13:55→南天門15:30〜40→祝融峰16:35〜40→南天門17:20→半山亭17:40→中烈祠18:10→入場門19:05〜10→旅客中心19:20
posted by たおたわ at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車乗ってません | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。